top of page

訂正 19回サイエンスカフェ付き添いの方は500円です。

びわこベース

第十九回サイエンスカフェのご案内

かえる作家 工作教室講師 michiカエルさんによる『世界に一つ自分だけの「プラ板の標本箱」を作ろう』

 

今回は、びわこベース初のワークショップ型のサイエンスカフェです!


びわこベースにある図鑑や本から好きな魚や、カエル、亀など好きな生き物を選んでプラ板に写して色を塗って世界に一つだけのオリジナル標本箱を作りませんか?もちろんオリジナルの絵でも大丈夫!絵が苦手でも子どもも大人も、誰でも作ることができます。


10月14日(土) 14時〜17時 

●参加費(入場料+飲み物+お菓子+材料費)2000円

付き添いのみの方(保護者の方で参加されない方は500円となります)

●持ち物 色鉛筆(お持ちでない方は予めご連絡ください)、紙を切るハサミ、筆記用具

●参加資格 小学生以上(小学生は親子での参加でお願いいたします)

先着順で定員20名とさせていただきます。

参加申し込みはびわこベースホームページのcontact欄に参加希望者氏名をご記入いただきサイエンスカフェ参加希望と必ずご記入ください。

https://www.biwako-base.com/contact

サイエンスカフェ開催中(14時〜17時)はご予約の方以外入場頂けませんのでご了承ください。

                           

michiカエル(藤本美千子)

プロフィール

1965年 兵庫県尼崎市生まれ。京都市立銅駝美術高等学校.染色科卒後、京都のディスプレイ会社にて企画デザインの仕事に携わる。

1996年京都にて大人の粘土教室を開始1997年〜カエルの語り絵や立体を作り、企業とコラボを行う。また、全国の高島屋にて企画展を開催。京都、大阪、東京にて個展も開催している。現在は、カエルの作家活動を続けながら、自宅にて子ども工作教室や大人工作教室を開いている。

最新記事

すべて表示
bottom of page