top of page

第14回サイエンスカフェの御案内!

びわこベース

 第十四回 サイエンスカフェのご案内


京都大学 澤田直人さんによる


『琵琶湖のカワニナは何種類?』


びわこベースの目の前に広がる琵琶湖にはたくさんのカワニナが暮らしています。湖のどこにでもいるこの巻貝の分類は長年混乱しており、いったい何種類のカワニナが琵琶湖に生息しているのかは大きな謎でした。今回はカワニナの沼にどっぷり浸かって研究に取り組んできた話者が、最新の分類状況や、なぜ琵琶湖でカワニナの種分化が起きたのかについて紹介します。カワニナを見たことがない。同定してみたいけど、どこを見たら良いのか分からない。そんな方に向けて、今回のサイエンスカフェでは標本と写真を使ってカワニナの同定ポイントや同定を難しくしている形態変異を詳しく解説していきます。


 

5月28日(日)14時〜17時 

●参加費(入場料+飲み物+お菓子)1500円

●先着順で定員15名とさせていただきます。

参加申し込みはびわこベースホームページのcontact欄に参加希望者氏名をご記入いただきサイエンスカフェ参加希望と必ずご記入ください。

サイエンスカフェ開催中(14時〜17時)はご予約の方以外入場頂けませんのでご了承ください。                    


澤田直人(さわだなおと)

1995年大阪府寝屋川市生まれ。京都大学農学部在籍時にカワニナの多様性に魅了され、貝類の研究を志す。同大学の修士・博士過程でカワニナの分類に本格的に取り組み、博士課程3回生となった現在も陸・淡水貝の研究を勢力的に進めている。

bottom of page